脱毛

家庭用脱毛器は痛い?部位別の痛みと和らげる方法を実践してみた!

家庭用脱毛器に興味がある人の中には、

「脱毛の痛みが不安…」
「家庭用脱毛器ってどんな痛さなんだろう?」

という人もいるのではないでしょうか。

 

脱毛未経験者ほど、脱毛の痛みって気になりますよね。一体、脱毛ってどんな痛みなんだろう?

そこで今回は、家庭用脱毛器の痛みについて、部位による違いと痛みを和らげる方法を紹介します。

家庭用脱毛器の痛みはどのくらい?

家庭用脱毛器を使ったときの痛みですが、ハッキリ言って痛いです(汗)

正確に言うと、全く痛くないところもあれば、すごく痛いところもあるというのが正直なところ。

脱毛する部位によって痛みが違い、個人差もあるので一概には言えませんが、医療脱毛と脱毛サロンを経験済みの私にとっては全然我慢できるくらいの痛みでした。

 

脱毛の痛みは、輪ゴムを弾いたときのパチンとした痛みに似ています。

黒いメラニン色素に反応する光(IPL)を照射してお手入れするので、細いうぶ毛よりも、メラニン色素が濃い太い毛の方が痛みを感じやすくなります。

一瞬だけ放出される光エネルギーによって毛根部にダメージを与えていくので、痛みを感じるのはその一瞬だけ。ずっと痛みを感じるわけではないので、安心してくださいね。

部位による痛みの違いは?

 

部位によって痛みが違うっていうけど、どんな風に違うの?

ワキ脱毛の痛み

ワキの毛は太さに個人差があるので、痛くない人もいれば、痛みを感じる人もいます。

また、長年の自己処理によって肌が黒ずんでいると痛みが強くなるので、なるべく自己処理は控えましょう。

腕脱毛と足脱毛の痛み

腕や足に生えている毛はうぶ毛に近い人が多いので、痛みのレベルとしては何も感じないという人もいれば、少しチクッと感じる人もいます。

広範囲の脱毛になりますが、痛みは弱いので、ストレスなくお手入れできます。

vio脱毛の痛み

デリケートゾーンの毛は、太く毛根がしっかりしているので、痛みを感じる人がほとんどで、輪ゴムを強く弾いたような痛みに近いです。

また、vラインに比べて黒ずみやすいiラインとoラインは、強い痛みを感じやすいエリア。デリケートな部分なので、一番弱いレベルからはじめて無理のないようにお手入れしましょう。

脱毛の痛みを和らげる方法を試してみた!

家庭用脱毛器は、誰でも安全に使えるように開発されているので、脱毛の出力レベルは高くありません。

出力レベルの順番を表すと、医療脱毛>脱毛サロン>家庭用脱毛器となり、家庭用脱毛器は弱めに設定されています。

その分、1週間に1回のお手入れで少しずつ効果を発揮していきます。

 

家庭用脱毛器の痛みが我慢できないという人は、保冷剤を使って痛みを和らげましょう。

肌の感覚を麻痺させ、その間に照射すれば、かなり痛みが抑えられますよ。

実際に試してみると、手間はかかりますが、かなり痛みが減りました。

痛みの強い部位だけこの方法を実践すれば、かなり痛みから解放されそうです。

まとめ

今回は、家庭用脱毛器の痛みについて紹介しました。

家庭用脱毛器のメリットは、照射レベルを自分で設定できること。はじめて脱毛するときは、一番弱いレベルで試してみて、徐々にレベルを上げていくといいですよ。

使っていくうちに徐々に慣れていくので、はじめのうちは保冷剤などを使って乗り越えましょう!

 

ツルツルな肌を目指して一緒に頑張ろう!

 

参考記事:ブラウン脱毛器を1ヶ月使った効果!

 

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5007(プレミアムモデル)|正規品 Braun 脱毛器 光

 

ブラウン脱毛器の最新型!
今なら【90日間無料返金保証】付き♪↓

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート PL-5137(プレミアムモデル シリーズ5)

 

ABOUT ME
saya
小学生と中学生2人を子育て中。元エステサロン勤務・認定エステティシャン資格を保有。 自分が本当にいいなと思った商品や お得だなと思うサービスだけ紹介しています。 明るく前向きに♡ 今日も1日頑張りましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です