脱毛

「ブラウン脱毛器はVIOに反応しない」は間違い!正しい使い方と注意点

 

女性に人気が高いデリケートゾーンの脱毛。家庭用脱毛器を買ったら、VIO脱毛にも挑戦したいですよね♪

「恥ずかしい部分を人に見せるのってストレス」
「できるなら自分で脱毛したい!」

という人が多いのではないでしょうか?

「ブラウン脱毛器を使ってみたいけどVIO脱毛できるのか気になる」
「ブラウン脱毛器使用中だけどVIO脱毛できなくて困ってる」
という人は参考にしてもらえると嬉しいです♪

今回は、ブラウン脱毛器はVIO脱毛できないのか、裏ワザと注意点を紹介します。

ブラウン脱毛器はVIOが反応しない?

ブラウン脱毛器は、肌の色に合わせて照射レベルを設定してくれるので、肌が黒ずんでいる部分は反応してくれません😨

「ブラウン脱毛器はIラインとOラインに反応しない」という口コミも見かけますが、

大丈夫です。黒ずみが気になるIラインとOラインもバッチリ脱毛できます♪

 

ブラウン脱毛器は、自動で照射レベルを設定する自動照射が売りですが、自分でレベルを設定することもできるんです♪

「照射レベルが設定されない=黒ずんでいて脱毛できない」と判断される訳ですが、自分でレベルを設定すれば問題なく脱毛できるようになります。

家庭用用脱毛器は自宅用として素人でも安全に使用できるよう、基準が厳しく設定されています。サロンよりもレベルの弱い家庭用脱毛器でNGということはありません。

ブラウン脱毛器でIO脱毛する裏ワザ

ブラウン脱毛器は、自動で照射レベルを設定する自動調節が売りなので、手動でレベルを設定するモードは大々的に書かれていません。(←なんでだろう?)

説明書にはしっかり書かれていますが、ブラウン脱毛器はボタン1つで自動調節か手動調節か選べます。

自分で設定できるのは、「やわらかフラッシュモード」「超やわらかフラッシュモード」の2つです。

 

下の画像の矢印のボタンを一回押すとレベル1(一番弱い)、二回押すとレベル2(二番目に弱い)、三回押すと自動設定に切り替わります。

 

デリケートで刺激に弱いIラインとOラインはレベル1、慣れてきたらレベル2を使用するのがおすすめ☆

弱いレベルなので脱毛完了まで時間はかかりますが、出来る限り刺激を抑えてお手入れできます。

ツルツルになるまでお手入れするには、トラブルが起きないレベルで照射していくことが大切です。

無理してレベルを上げると、お手入れできない状態になるので、弱いレベルでコツコツと♪トラブルを回避しながら脱毛していきましょう。

ブラウン脱毛器でIOライン脱毛する際の注意点

ブラウン脱毛器の口コミには「感知ランプの部分にシールを貼ると照射できる」という口コミを見たことがありますが、

その方法だと、レベル3以上になってしまうため正直おすすめできません…

 

私の場合ですが

・全く日焼けしていないふくらはぎ→レベル10
・少し日焼けしている腕→レベル8
・Vライン→レベル3~4

ブラウン脱毛器は、日焼けレベルと肌の黒ずみにあわせて、最適レベルを設定してくれます。でも、感知ランプを隠してしまうと、適度なレベルで照射できないのでとっても危険!

 

IOラインは黒ずんでいるだけでなく、他の部位と比べて皮膚が薄く、粘膜に近いとってもデリケートなエリア。

そこに高すぎるレベルで照射すると、火傷したり、肌がただれたりするリスクがあります。もしトラブルが起きても自己責任ということになってしまうので、気を付けてくださいね。

最後に

私もブラウン脱毛器でVライン脱毛をはじめて、ツルツルの快感に感動しています🤗

IとOは整えるくらいにしようと思ってますが、ツルツルも憧れますね♪

家庭用脱毛器なら、お手入れする範囲も気分で変えられるからとってもおすすめです♡


 

VIO脱毛はサロンにお任せしたいという方は、ミュゼがおすすめ☆

今なら、顔2回+全身2回の脱毛が110円になるキャンペーン中!
さらに両ワキ+Vライン脱毛し放題(100円)も併用できます

 

ABOUT ME
saya
【お得に暮らす情報を発信中】 *小学生と中学生2人を子育て中 *兵庫県在住30代 *性格はズボラ、お得が大好き♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です