脱毛

永久脱毛と光脱毛の違いは?効果と仕組みを徹底解説!

脱毛を検討している人は、永久脱毛か光脱毛か、どちらにしようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

永久脱毛と光脱毛は、効果から料金、脱毛の仕組みまで違いがたくさんあります。

そこで今回は、永久脱毛と光脱毛の違いについて、脱毛の仕組みと効果の違いを徹底解説していきます。脱毛を検討している方の参考になれば嬉しいです!

永久脱毛と光脱毛の違いは?

永久脱毛と光脱毛の効果の違い

永久脱毛と光脱毛の効果は、どのような違いがあるのでしょうか?

永久脱毛の効果

永久脱毛は、電気針脱毛と言われていて、ニードルという細い針のような器具を毛穴に挿入し、1本ずつ丁寧に施術していきます。

毛根部で電流を流すことで毛を作りだす毛乳頭を破壊していくため、一度施術した毛は再生することがなく、確実に毛を減らすことができます。

光脱毛の効果

一般的な光脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を照射し、毛根部にダメージを与えることで、少しずつ毛を減らしていきます。

毛の成長を弱めていく光脱毛は、1回の施術で終了することはなく、施術を繰り返すごとに毛が細くなったり、毛量が減ったりという効果を実感できます。

永久脱毛(電気針脱毛)は、1回の施術で確実に毛を生えないようにできます。
光脱毛は、繰り返し施術することで抑毛効果を期待できますが、永久脱毛ではありません。

 

永久脱毛のメリットとデメリット

永久脱毛はメリットが多いようなイメージがありますが、デメリットも存在します。

永久脱毛を検討している人は、メリットだけでなく、デメリットも知っておきましょう。

永久脱毛のメリット

確実に毛がなくなる

永久脱毛は、毛を作り出す毛乳頭を破壊するので、二度と毛が再生しません。

そのため、自己処理の手間から解放され、ツルツルな素肌を手に入れることができます。

肌へのダメージがなくなる

毛が生えなくなることで自己処理の必要がなくなり、カミソリなどのダメージから肌を守ることができます。

肌へのダメージがなくなるので、黒ずみや乾燥など、肌トラブルを減らすことができます。

白髪も脱毛できる

永久脱毛は、メラニン色素に関係なく、毛乳頭を破壊できるため、白髪でも脱毛することができます。

光脱毛では処置できない白髪だけ、永久脱毛するという人も増えてきています。

永久脱毛のデメリット

施術が痛い

永久脱毛するには、毛穴に針のような器具を挿入し、電気を流して処理するため、施術時は強い痛みを感じます。

特に、毛が太い部分やデリケートな部分は強い痛みを感じるため、麻酔を使用して施術するケースがほとんどです。

料金が高い

永久脱毛は、高度な技術が必要になるため、一部の医療機関でしか取扱いがありません。そのため光脱毛と比べて、料金が非常に高いです。

ほとんどの医療機関では、1分ごとに料金が設定されていて、かかった時間分だけ料金が加算されます。例えば、1分300円だった場合、毛量による違いもありますが、両ワキで50~80万円程度かかります。

また、血液検査や針代、必要であれば麻酔代もかかるので、まずはカウンセリングで見積もりを出してもらうことが大切です。

脱毛完了まで時間がかかる

永久脱毛は肌に負担がかかるため、2か月に1回の来店など、頻度が医療機関によって決められています。

1回の来店で長時間できないことから(1回につき1~2時間程度)、毛量が多かったり、脱毛範囲が広いと脱毛完了までに時間がかかるケースも多いです。

光脱毛のメリットとデメリット

脱毛サロンが急速に増えたことで、より身近になった光脱毛ですが、メリットとデメリットを把握してから利用することが大切です。

光脱毛のメリット

痛みが少ない

光脱毛は、肌への負担が軽く、痛みが少ないのが特徴です。

痛みの度合いは、肌質や毛質によって変わりますが、輪ゴムを弾いたような痛み。保湿ケアをしたり、日焼け対策をすることで、より痛みを抑えることができます。

料金が安い

脱毛サロンが増えたことで、光脱毛の料金は低料金化しています。

月額料金で通えるサロンや、一定金額で脱毛し放題できるサロンまで、格安で脱毛できるサロンがたくさんあります。

参考:ミュゼの両ワキ+Vライン5年間通い放題コース本当に100円?

美肌効果を期待できる

光脱毛で使われる光には、フォトフェイシャルで使わる光が含まれているので、コラーゲンの生成を促す効果も期待できます。

脱毛しながら美肌になるのが、光脱毛の魅力です。

広範囲を短時間で施術できる

光脱毛の照射ヘッドは非常に大きく、一度に広範囲を脱毛することできるため、短時間で施術が終わります。

最近では、全身脱毛が45分で完了するサロンも増えてきているので、脱毛への負担がグッと軽くなってきました。

光脱毛のデメリット

効果が出るまで時間がかかる

光脱毛は、1回の施術で脱毛完了することはなく、毛根部に繰り返しダメージを与えていくことで、少しずつ抑毛していきます。

個人差がありますが、効果が出るまでに数回の施術が必要です。また、自己処理が必要ないくらいの仕上がりになるまで、2~3年ほどの年数がかかるケースが一般的です。

永久脱毛ではない

光脱毛は、永久脱毛ではないので、毛が再生する可能性もあります。

脱毛完了した後も、お手入れを続けることで、ツルスベ肌を維持できます。

メリットとデメリットを比較して決めよう!

永久脱毛と光脱毛、それぞれにメリットとデメリットがあります。

永久脱毛は確実性がありますが、施術の痛みと料金から途中で挫折する人も多いのが現実です。永久脱毛を検討している人は、いくつかカウンセリングを受けて、見積もりを出してもらうようにしましょう。

また、光脱毛は脱毛サロンを利用する以外にも、家庭用脱毛器を使ってお手入れするという選択肢もあります。

参考:ブラウン脱毛器の効果とは?1ヶ月使った結果

 

光脱毛は、継続してお手入れすることが大切なので、自分のライフスタイルに合わせて無理なく脱毛できる方を選ぶといいですよ。

 

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

 

ABOUT ME
saya
小学生と中学生2人を子育て中。元エステサロン勤務・認定エステティシャン資格を保有。 自分が本当にいいなと思った商品や お得だなと思うサービスだけ紹介しています。 明るく前向きに♡ 今日も1日頑張りましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です